Canon

キヤノンがデジタル一眼レフカメラEOS-1D X Mark IIIを2020年2月中旬に発売

EOS-1D X Mark III

■2010万画素35㎜フルサイズCMOSセンサーを新開発

キヤノンは、デジタル一眼レフカメラの最上級機種として、EOS-1D X Mark IIIを2020年2月中旬に発売すると発表しました。販売価格は、キヤノンオンラインショップで80万円(消費税別)となっています。
画像処理エンジンの新「DIGIC X」の採用によって画質を一層向上させているのが特徴で、約2010万画素を持つ35㎜フルサイズ新CMOSセンサーによって得られた画像を高品位に処理できる性能を持っています。ローパスフィルターは、4枚のフィルターで16点に分離する方式を新採用しており、解像感の向上を図ると同時に、斜め方向の分離も実現したことでモアレなども抑制させています。

EOS-1D X Mark III
EOS-1D X Mark III
EOS-1D X Mark III
EOS-1D X Mark III
EOS-1D X Mark III
EOS-1D X Mark III

■オートフォーカス性能を静止画、動画ともに大幅向上

AFセンサーは、、正方画素を採用した「High-res AFセンサー」を新採用しています。検出精度が向上されたほか、測距点を191に増加させたことで、様々な状況でのオートフォーカス精度が向上しています。

また、読み出し高速化を実現したことで連写速度が向上したと同時に、クイックリターンミラーを使った光学ファインダー撮影では、最高約16コマ/秒を実現しています。そのほか、ライブビューでは最高約20コマ/秒をメカシャッター、電子シャッターのどちらでも実現しています。メカシャッターの最高速度は1/8000秒で、シンクロ速度は1/250秒となっています。

外装はマグネシウム合金製で、既存のマークIIと同様の防塵・防滴構造が施されています。
また、記録メディアはCFexpressを2スロット搭載しており、画像や動画をスピーディーかつ確実に記録します。

ネットワーク性能は、有線LANが最大約700Mbps、無線LANは5GHz対応で最大約270Mbpsとなっています。Wi-Fiユニットを搭載したことで、Camera Connectアプリと連携でき、利便性が向上しています。

■動画は4K、60pをクロップなしで収録・記録が可能

動画の性能は、クロップなしのフル画角での4K、60p映像による撮影や、5.5K、60pによるRAW動画の撮影も可能となっています。動画撮影での被写体検知は、顔検知機能、瞳AF機能、頭部検出機能も新搭載しており、人物撮影時に背景にピントが合ってしまうのを抑制しています。また、フォーカスガイド、ピーキングも搭載しており、ビデオカメラと同等の使い勝手を実現しています。

EOS-1D X Mark III
EOS-1D X Mark III

カメラの操作面では、従来のスティックタイプのマルチコントローラーに加えて、AF-ONボタンにスマートコントローラーを内蔵させています。これによって、指の動きを読み取ってAFの測距点を移動させることが可能となっています。また、タッチ操作範囲が拡大しており、AFエリアの選択、画像再生、メニュー画面操作もタッチ式で行えます。

バッテリーはマークIIと同じLP-E19で、撮影可能枚数は約2850枚と2倍以上に伸びています。ライブビュー撮影でも約610枚と、従来の約260枚の2倍以上となっており、旅先などでの撮影でもストレスなく楽しめます。
また、動画の撮影時間は約2時間20分で、従来の約1時間40分よりも50分ほど長時間の収録を実現しています。

このほか、カメラ重量は従来よりも90gほど軽い1250gとなり、長時間の手持ち撮影での疲労を軽減させる設計となっています。